サイトメニュー

ボトックスの種類を確認

注射

同じボトックスでも異なる

ボトックス小顔治療で使われるのはボツリヌス菌という、食中毒を起こす菌から作られたボツリヌス製剤という薬剤です。食中毒を引き起こす菌を身体に注入すると聞くと、不安になってしまいますがボトックス小顔治療に使われるものは、ボツリヌス菌を無害化しています。ですので施術を受けたからといって食中毒を起こすようなことは無いので、ボトックス小顔治療は安心して受けられるプチ整形です。美容外科クリニックであれば大半で施術を行っている、ボトックス小顔治療ですが実は使用しているボツリヌス製剤は、クリニックによって異なります。ボトックスは世界的に最も普及しており、さらに臨床試験も十分に行われているのはアメリカのメーカーが製造しているボツリヌス製剤です。またボトックスビスタという種類のボツリヌス製剤も、日本の厚生労働省が認めおり品質・安全性共に折り紙つきです。近年は韓国で製造された、ジェネリックのボツリヌス製剤を施術に使用するクリニックも増えていますが、このタイプは価格が安い傾向にあります。ただ、厚生労働省が認めているボツリヌス製剤以外は、品質や安全性が確保されておらず信頼性も低いようです。安全性を考えるのであれば、厚生労働省が認可しているボツリヌス製剤を使用しているクリニックを選ぶようにしましょう。顔の大きさは骨を削らないと変わらないというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実はプチ整形で変えることは可能です。ボトックス小顔治療というプチ整形は、エラ部分をスッキリさせることができ、小顔になれると評判を集めています。顔にメスを入れずに顔を小さくできるボトックス小顔注射は、手軽で敷居が低いことから美容整形初心者にも人気です。ただし、施術を受けて効果が現れる人と現れない人がいるため、初めて施術を受けるという人はボトックス小顔治療で、小顔になれるかを確認してみましょう。ボトックス小顔治療は筋肉を弛緩させるボツリヌス製剤を、エラ部分にある咬筋という筋肉に注入する施術となっています。咬筋の動きが弱まることで筋肉が小さくなり、結果エラ部分がスッキリとシャープになることで小顔へと変わります。顔全体に脂肪がついている、または骨格自体が大きいという人の場合、咬筋を小さくしても小顔には変わりません。エラ部分の咬筋が大きく発達している人のみが、施術の効果を感じられるので、その点は覚えておくと良いでしょう。咬筋が発達しているかどうかは、エラの部分に手を当ててグッと噛みしめたときに、その部分が大きく盛り上がるかでチェックできます。もし、盛り上がった場合はボトックス小顔治療で、顔を小さくできる可能性が高いのでクリニックに相談してみましょう。

看護師

出費が少ない長持ち整形

手頃で長持ちなことや印象をよくできることが、ボトックス小顔整形の魅力です。ただし、トラブルが起こることもあり、それに備えることが必要です。最初の治療では広範囲への注入はしない、専門機関の連絡先を調べておくなど予防線を張るようにしましょう。

注射

気軽に小顔になれる注射

気軽に小顔になれるボトックス小顔施術は、ボツリヌストキシンを注入してエラの筋肉を緩めることができます。フェイスラインを整えて欧米人のような顔立ちに変えることができますし、安全性が高いので継続的に施術を受けられるのも魅力です。

男性医師

憧れの小顔になれる整形

ボトックス小顔治療を受ける場合、ボトックス注入を得意とするドクターが在籍しているか、チェックしましょう。費用の相場は5万円から10万円程度です。クリニックによってはもちろん、麻酔方法でも費用が変わります。

顔に触れる女性

たるみや左右非対称も改善

左右対称に整えながらエラを小さくしたい場合や、肌のたるみを改善して小顔になりたい場合でも、ボトックス小顔注射が活用できます。美容整形外科への予約はスマホから申込むのがおすすめで、予約当日までに、カウンセリングで話す内容を考えておきましょう。