たるみや左右非対称も改善|安心して受けられるボトックス小顔施術【ボツリヌス菌を無害化】

サイトメニュー

たるみや左右非対称も改善

顔に触れる女性

メモに書いておけば安心

セルフケアでは改善できないエラを注射で小さくできることから、そのコンプレックスに終止符を打つため、ボトックス小顔注射を受けられる人が急増しています。また、人の顔は基本的に左右対象ですが、食事などで左右の歯を均等に使わない場合、バランスが崩れて片側のエラだけ発達してしまうのです。結果的に左右非対称の顔になってしまうのですが、ボトックス小顔注射はその改善目的にも利用できます。発達している方のエラに多めに注入するなど、左右のバランスを整えながら小顔になれるため、右と左でエラの大きさが違う場合も美容整形外科で相談してみると良いでしょう。一方、エラが大きく見える原因は筋肉太りだけでなく、皮膚のたるみが要因になっているケースも見られます。例えば、加齢や紫外線の影響で肌の弾力が落ちている状況で頬杖を頻繁に行えば、肌が伸びてたるんでしまうことがあるのです。そして、この場合でもボトックス小顔注射が活用でき、たるみの改善では筋肉ではなく、肌の浅い位置にボトックスを注入していきます。このボトックス小顔注射はボトックスリフトとも呼ばれ、少しずつ注射することで肌を引き締め、リフトアップと小顔作用が得られる訳です。さらにボトックスにはコラーゲンを増やす働きもあるため、美肌効果を得ながら小顔になりたい時にも活用できます。初めてボトックス小顔注射を行う時は準備なども気になりますが、施術の前にカウンセリングを受ける必要があるため、そこで話す内容を考えておきましょう。特に、ボトックス小顔注射でどんな顔にして欲しいのか、もしくは最も悩んでいるポイントはどこかなど、事前にまとめておきます。カウンセリング中に考えたのでは上手く言葉にできない場合がありますから、大切な内容はメモに書いておくのが得策です。また、メーカーによる品質の違いや特徴など、ボトックスの種類に関しても予め把握しておき、聞きたいことを考えておいた方が良いでしょう。全く知らない状態では薬剤の説明もカウンセリングの時に一から聞くことになり、初耳では深く理解できず、質問点なども考えつかない傾向があります。そして、カウンセリングの申込方法ですが、これはネットや電話で行うのが一般的です。ただし、仕事や学校が終わった時間帯などは、電話が混みあって中々つながらないケースも少なくありません。予約を入れないことにはボトックス小顔注射を受けられませんので、そんな時はネットから予約してください。美容整形外科によりましては、スマホから予約すれば特典が得られる場合もあるため、その際はパソコンではなく、スマホから申込みましょう。